桃尻文庫

二組の廊下

教室を出ると、お馴染みの光景があった。隣のクラスの壁際に赤く染まったお尻が三つ。全員、下着は足首まで下げられていて、両手は膝できっちり揃えられている。二組の名物、お尻ペンペンのお仕置きだ。そういえば、授業の間にパチンパチンと音が聞こえていたっけ。

二組はちょうど手洗い場の前だから、休み時間は他のクラスの生徒たちも集まってごった返す。そんな中で男も女も関係なくこの反省のポーズを取らされるのは、さぞかし恥ずかしいことだろう。

「今までの先生の中で、断トツ厳しいよ」

前に二組にいる幼馴染から聞いた話では、鉄は熱いうちに打てという方針なんだそうだ。宿題や係の仕事をサボっても、喧嘩や忘れ物をしても、とにかくお尻ペンペンで泣かされる。進級するほど取り返しがつかなくなるからと、特に授業態度にはうるさいらしい。

「ま、上手くやるしかないよねぇ」

そう言って苦笑いしていた幼馴染も今月に入って、すでに何度かお尻を晒す羽目になっていた。まあ、同情しつつも余所者の私たちからすれば、目を逸らしてトイレを使うほかないのだが……。

それから少し前になるけど、こうしてお尻を出して並んでいる子たちを見て――

「カンチョー!」

――なんて、例のおふざけをやらかした子もいた。

たしか四組の子だったと思う。案の定というか、そりゃそうだろうというか、その場で二組の先生からビシバシとお尻を叩かれ、同じように横に並ぶ結果になっていた。ほんとに突っ込んだわけじゃないとか、あわてて言い訳をしていたけど、態度自体が問題なのだから通るわけもない。

「お尻出しなさい!」

先生の一喝が廊下に響いたあの日。初めて生でお尻ペンペンを見て、私を含めて水場を利用していた子たちが、ほぼ全員固まってしまったのを覚えている。なんせ背の高い先生が、手形が残るくらい振りかぶって叩き始めたのだから。粗相した子がワンワン泣いても弱めることなく、きっちり十発叩かれたお尻は風呂上がりみたいに真っ赤になっていた。

「しばらくここで反省していなさい」

そう言って同じように立たせる先生。涙を拭いつつ膝に手をついた子に、返事をしなさいとさらに追い打ち。不意の十一発目にしゃくりあげながらハイ!と叫んだあの子の、鼻水を垂らした顔が強く印象に残っている。

「きみ、水がもったいないよ」

その時、突然のお仕置きに唖然として水を出しっぱなしにしていた私も注意され、同じようにかん高くハイ!と叫んで、あわてて蛇口を閉めたっけ。まだちょっと、手に泡が残ってたのにね。