FC2ブログ

桃尻文庫

TAG PAGE

tag: OTK  1/3

アンドロイドの鈴木さん F/m、M/M未遂

No image

ひとり遺された家で過ごす、休日の昼下がり。居間の柱の傷が目に入って、ふと寂しさが込みあげた。柱に奔る幾つかの横線は、兄貴との背比べの痕。ローンが残ってるのにと慌てる親父を制して、お袋が刻みつけたものだった。こういうのも思い出になるんだから。言葉の通り、今では本当に思い出になってしまった。もう終わったことだから。そう自分に言い聞かせても、熱くなる目頭はどうにもならない。僕は壁にもたれかかって、少し震...

  •  0
  •  0

スパモノレビュー『すぱたん』(2015-11-01ちょっと修正)

No image

メディアスパンキングやTwitterでご活躍中のクラウンさん(Pixivはこちら)のCG集をご紹介です。オールOTK・平手打ち・/fの1P漫画形式。状況は様々なのですが、いちばん気に入ったのが、友達の家のオネショのお仕置きを覗いてしまう一枚。干された世界地図の前、母/娘というオーソドックスなスタイルにプラスして、友達のそういう姿を見てしまった、というのがツボでした。そして、全体に共通するお仕置きの痛そうな感じ、ちゃんと...

  •  0
  •  0

隣の家の縁側で

No image

よく晴れた日曜日の朝。お隣さんのお宅から、馴染みの音が聞こえてきた。パチン、パチン、と規則的なお尻を叩く乾いた音と、小さな子の泣き声。(あらあら、失敗しちゃったのねぇ)二階にある寝室の窓から覗いて見れば、庭の物干しには立派なおねしょ布団。その手前には、うちの家の造りと同じく、申し訳程度にちょこんと設えられた縁側に座る、見慣れた姉弟の姿があった。最近はお姉ちゃんのお説教も堂に入ったもので、そのあたり...

  •  4
  •  0

アキのお仕置記02 給食袋

No image

1誰もいないリビングで、情報番組の安っぽい音声だけが反響している。今週二回目のおねしょのお仕置きに加えて、夫と子供の送り出し。慌ただしかった朝とは打って変わって、嘘のように静かな平日の昼下がり。一息吐こうとお茶を汲みに立った母親は、台所で一つの難題を思い出した。洗い桶の水に漬かった、給食用の箸ケースである。昨日、帰ってからすぐに洗わなかったために、表面には汚れがこびり付いている。「毎日使うものなん...

  •  0
  •  0

未来spa_01_FM

No image

 どこまでも広がる青空に、高層住宅の白壁が浮かぶ。 カーボンのフレームに超耐候性樹脂の張られた建材は、築後四半世紀を経ても、 未だ竣工時の潔癖さを保ったままだ。 棟の間隔は贅沢なまでに広く取られ、吸音材も兼ねた人工芝の敷かれた公園となっている。 人気のない広場の端に設置されたベンチ。 適度に日差しを減じてくれる薄いスモークグレーのシェードの下で、 私は手元の携帯端末を繰った。 画面には待ち合わせ相...

  •  0
  •  0