FC2ブログ

桃尻文庫

~スパンキングやお仕置きに関する創作ブログ~

『実際にされたお仕置き(ゲンコツとビンタ)』について語ってみる

皆様、こんばんは。 季節柄ゆえか色々な事に不思議なくらい熱中できなくなり、めっきり更新頻度が下がってしまったしおごはんです。

さて、今日はいつもの妄想&妄想な内容から少し趣向を変えまして、私が小さい頃に実際にされていた、ゲンコツとビンタのお仕置きについて語ってみようと思います。


・幼い頃の憧れの対象は「お尻」だけだった
今でこそ「お仕置きに憧れている」とはいえ、あくまでもそれは「お尻叩き願望をベースにした妄想から派生した、現在の嗜好」だったりします。

実は幼い頃の私は、お尻ペンペンという行為のみが大好き、という状態。 その憧れを秘めたまま成長し、お尻叩きシーンを目当てに様々な小説や漫画を読み漁った結果として、徐々にお縛りやお浣腸など、他の分野が開拓されていった感覚なのです。

一緒に取り込んでいくうちに、次第にお尻ペンペンと他のお仕置きの共通項が見えはじめ、自分はお尻を叩く行為そのものだけでなく、そこにある繋がりやシチュエーションも含めて大好きだったのだと、あらためて捉えなおした結果、守備範囲がぐーんと広がったのですね。

そんなわけですので、多種多様なお仕置き嗜好に目覚める前に受けてしまったリアルなお仕置きは、残念ながらお尻叩きが全く含まれていない事もあって、あまり嬉しくないモノとして終わってしまっています。(いえ、普通は嬉しくないモノらしいですけども……)

それでは、実際に受けた時の話に入りましょう。


・ゲンコツ
記憶に残る限り一番古いお仕置き体験は、祖父母や叔父、母親からのゲンコツでした。 保育園の保母さんからも、頭ゴッチンするよ、などと脅された記憶が薄っすらとあります。

保母さんに叩かれた記憶はないので、おそらく実際にはされなかったのだと思いますが、脅し文句として出てくるくらいには、一般的だったのでしょうね。

さて、家族からのゲンコツは、いずれも、何回か注意をする→聞かない→ごっちん→大泣きというパターンで、じっくりとお説教をした後に罰として与えられる、というような様式めいた流れはありませんでした。

さすがに未就学児~小学生低学年の記憶は断片的なので、当時の様子を映像で事細かに思い返す事はできませんが、あまり長々とお説教をするような雰囲気の家庭ではなかったですし、このブログで書いているような手の込んだお仕置きよりは、突発的な体罰みたいな感じでしたね。

そんなわけで強く印象に残っているのは、いわゆるお仕置きの雰囲気よりも、脳天のキーンとした痛みです。 うちの家族はゲンコツが上手く(?)、中指をしっかりと尖らせて落としてきたので、それはもうかなり後を引く感じでした。 思い出せる限りでは、毎回、多かれ少なかれ泣いていたはずです。

というように、その時の痛さや怖さはよーく覚えているのですが、不思議なことに、なんで叩かれたかという心当たりは、あまり残っていないのですよね。 本当に数えられるほど、電車の中で騒いでしまった時に祖父からというのと、テーブルの上に乗った時に祖母から、くらい。

人によってゲンコツの痛みが違うことにも勘付いていたくらいですから、それなりに、ごっちんごっちんされていたはずなんですけども、はて、自分はなにをやってゲンコツを落とされていたのでしょう……?

こんな具合にゲンコツに関しては、特に嫌な記憶にもならず、「あー懐かしいなぁ、イヤだったけど」くらいの感じなんですよね。 まだ記憶が曖昧な小さい頃にされたお仕置きだったからかもしれませんが。

そこにいくと、次のビンタは少々毛色が違ってきます。


・ビンタ
これは小学校に上がった頃に母親からされるようになりました。 祖父母や叔父はしなかったというか、その頃にはもう手を上げなくなっていたのですが、それに反比例するようにして、母親からのビンタは増えました。

最初は小学二年生の朝。 しばらく、学校に行きたくないとぐずる日が続いたある日、母親が玄関先で声を低くして、こんな話をしました。

「お母さんの会社の人は、子供がグズった時に殴るんだって。 そうすると、その子は泣きながら学校に行くんだって」

冷たい声でこんな事を言われ、その意味を理解する前に、初めての痛みと音の激しさに、ただただ泣きわめいた記憶があります。 そして、同時に思い浮かぶのは、しがみついた玄関先の柱の感触と、うざったそうに見下ろす母親、もう庇ってやれないと言って、申し訳なさそうに横に立つ祖母の姿。

まあ、それから、なんの感慨もなくなるほどに、バシバシと叩かれる日々が始まったわけですけれども、思えば、自分がお仕置きシーンを書く時に音に関する描写が多いのは、この時の記憶が原因かもしれません。 痛みの表現や子供の無力さを強調したがるのも、多分、この体験からですね。

腫れて突っ張った頬の感触、涙の跡のヒリつき、寄る辺のない恐怖、子供心の孤独、築年数の古い木造住宅の空気の味と匂い。 こうして、よくよく考えると、お仕置き創作に引っ張ってこられる要素が、かなり多くある気がします。

しかし、今考えても、あれはベターとは言い難い行為なのではあるまいか、と思ったり。 母親の方も何かと忙しい職種でしたし、ストレスも溜まっていたのでしょうけれど、その後の学校での扱いを鑑みても「顔はやめな、ボディにしな」とか言いたくなるわけですよ。


・理想と現実のギャップは大きい
このように現実の我が家のお仕置きは、アフターに優しくされるとか、諭されて間違いに気づくとか、情の交流的なシーンは皆無。 残念ながら痛みを与える行為があるだけで、あまり楽しいモノとはいえなかったのでした。

冷静に考えれば、寒空のもと玄関先で激しく叩かれるというのは、お仕置きフェチ的には美味しいシチュエーションなのですけどね。 どういうわけだが、自分事だとさっぱり萌えないのが不思議だったりします。 この一撃がほっぺたじゃなくてお尻になるだけで、全然違うかもしれないのに。


試しに軽く妄想するならば――

台所と繋がった玄関のタタキに、うつ伏せにさせられる。 大人が腰を下ろして靴を履くのに丁度よい高さの段差は、まだ幼い体にとって、まるで誂えたようにぴったりとお仕置きの姿勢をキープさせる役割を果たした。

外に向かってむき出しにされたお尻に、冬の冷気が容赦なく吹きつける。 同時に冷えきった床板が胸から体温を奪い、寒さに身動ぎすれば、膝にはジャリっとしたコンクリートの感触が残った。

身を震わせながら待つお尻。 今日も振り下ろされる無慈悲な平手打ちは、あっという間に寒さなんて感じなくなるくらい、その表面を熱くした。

激しい痛みに反射的に仰け反ろうとして、しかし、背負ったままのランドセルの重さに抑えつけられ、元のように突っ伏す他にない。 逃げ出そうにも、両腿にはずり降ろされた下着が絡んでいて、足を振り上げて庇うことすらできなかった。

半ば息の詰まったような体勢のまま、平手打ちが何度も振り下ろされる。 漆喰の壁にバチンバチンと音が反響するのを聞きながら、涙に滲んだ視界の端で、それまで立ち尽くしていた祖母が申し訳なさげに顔を逸らすのが目に入った。

――みたいな。


まあ、実際にそれが「ネタ」になっていたら、色々と自己嫌悪して、お仕置きモノ自体を素直に楽しめなくなっていたかもしれないので、これで結果おーらいかもしれんのですが……。

というわけで、今日は珍しくリアルなお仕置きについて語ってみました。 今回に限っては、ただの妄想やフィクションでは無い(最後の例は除く)のですよ。

ヽ(´エ`)ノ…フフン

もしよろしければ、皆様のリアルお仕置き体験もコメント頂ければ嬉しいです。

お仕置きにこめられたものについて語ってみる

お仕置きって良くも悪くも、より大きい相手からの干渉。ああしなさいこうしなさい、時には時代に合わない価値観を押し付けられ、痛みを持って無理矢理にでも従わさせられる。それでも同時に見つめられ、守られ、腕の内側にいる。

……というような事をTwitterで呟いたのですが、せっかくなのでもう少し語ってみようかな、と思います。

ありとあらゆるタイプのお仕置きに興奮してしまう私なのですが、とりわけ、理想的なお仕置きといえば、やはり躾のためのお仕置きです。より良い姿に近づいてほしい、それによって世間で生きていけるだけの能力、あるいは品や常識を身に着けてほしい、というような親の願いがこもったお仕置きです。

これはあくまでも理想であって、時には感情的に手をあげる場合もあるかもわかりませんし、その内容についても、どの程度が適切なのかはスパッと言い切れるものではないですが、それでも根底にはこうした思いがあってほしいというのが、個人的なお仕置き感です。

だからこそ「叩きたくて叩いているわけではない」ですとか、「叩く方の手も痛いんだ」という言葉の重さが出るのではないでしょうか。

家庭によって頻度や強度には差がつくもの。しかし、「いってぇ!」で済むような、気付きを与えるための微笑ましいお尻叩きにしても、涙があふれ出すほど厳しいお尻叩きにしても、外せないのがコレだと思うのですよ。


こうしたお仕置きの底にある理由。手の平に載せられた暗黙のメッセージに対しては、叩かれる方にしてみれば、いくつかの捉え方ができると思います。例えば、下記の二つ。

A…型にはまれという息苦しい束縛。
B…将来苦労させたくないという愛情。

痛みで屈服させて、当人の思考や行動を矯正するという点では同じなのですが、解釈次第でまるで違いますよね。そして、その解釈の仕方を決めるのは、お仕置きのメニューや厳しさではなくて、結局は、普段からしっかりと関係を作ることができているかどうかなのかな、と。

しかし、その普段の関係性を作るなかで、子供が不遜な態度をとるようなら、ちゃんとお仕置きしてあげるのも大事でしょうし――なんて考え始めると「卵が先か鶏が先か」なんてことになるので、成長の段階に合わせて二つを行き来しながらも、愛情だということが伝わるように、地道に信頼関係を作り上げていくしかないのかも……。

そんなことを、ふと考えたのでした。


まあ、そうは言いつつ、些細な落ち度を突いて徹底的に罰するような理不尽系お仕置きシチュエーションも、それなりに楽しめたりはするのですけどね…ヽ(´エ`)ノ

そして、最後になりますが、こちらはあくまでも特殊な趣味者によるフィクションの世界のお仕置きについて言及したものであって、実際の子供を対象とした育児論でもなんでもありませんので、悪しからず。

『反省した様子の子へのお仕置き』について語ってみる

みなさまこんばんは。暑さにやられたり、ゲリラ豪雨に降られていたりするしおごはんです。

さて今日は少し珍しいかもしれない小ネタ。お仕置きといえば、悪いことをしてしまったと気づかせたり、反抗的な子に反省を促すのが主な役割なわけですが、今回はすでに反省した様子を見せる子に対してお仕置きをする場合を考えてみます。


まずはするべきか、せざるべきかですが、当然ながら、気づかせる目的や警告のためのお尻叩きなら必要なくなりますよね。たとえば、静かにすべき場所で騒いでしまった時や汚い言葉を使ってしまった時、あるいは、靴を揃えるとか手を洗うとか、良い習慣を身につけるための決め事を破ってしまった時。すぐに気づいてごめんなさいができたら、ペンペンは要らないのでは、と思うわけです。

しかし、その時だけ反省した素振りを見せても、その後、懲りることなく何度も何度も繰り返すのならば、癖にならないようにお尻を叩いてあげる必要もあるのかもしれません。

こうした、やってしまった後に気づき、しゅんとして反省した様子。自分で悪いとわかっている場合でも叩かなくてはならない局面があるとしたら、この『癖にならないように』という要素が大きいと思うのですよね。

予め決めておいたルールを破ってしまったとか、つい嘘をついてしまったとか。お互いが納得したうえで交わした約束を、特別な理由なく一方的に破ることが常態化してしまっては、その後、いろいろと問題も起きてくるでしょうし。


こんな時のお仕置きは、大泣きするほどたくさん叩いてたっぷり痛みを与えるお仕置きよりも、お尻を自分で出させたり、お説教やお立たせも交えたりして、一緒にルールを再確認していくような、静的なお仕置き模様がしっくり来ます。

「だめなことって、わかるよね。じゃあ、お尻出してお膝にこれるかな?」

ぺちん、ぺちん、と緩慢な音が少しのあいだ響き、ほんのりお尻が染まったところで、今度はお立たせさせるとか。

「しばらく反省だよ、いいね?」

壁に向かって静かに立たせるというのは、入ってくる情報を減らして内観的な気持ちを作るのに効果的なはずですし、出しっぱなしでひりつくお尻も、あらためて、今日のお仕置きとその理由に意識を向けてくれるはずです。

「もう一度、ちゃんとお約束しようね」

そして最後にもう一度、お仕置きになってしまった理由を確認しておしまいです。ごめんなさいと泣く子にバッチンバッチンと追い打ちをかけるよりも、良い結果を得られそうですし、心情的にもしっくり来るのではないでしょうか?


……なんて、もちろんフィクションの世界でのお話なわけなのですけどね。実際には、こうはならいでしょうし、余裕なども無いのかもしれません。が、ここはあくまでも特殊な趣味の妄想の世界でのこと。どうか平にご容赦を……。

というわけで、今日もひとつお仕置きを語ってみたのでした。

『お膝ポンポンの魅力』について語ってみる

こんばんは、語ってみるの二連発でございます、しおごはんです。今日はお仕置きの準備にまつわる所作『お膝ポンポン』の魅力についてです。

ここで言うお膝ポンポンとは、OTKのお仕置き時に、「お尻を出して膝に来なさい」と示すジェスチャのことですね。お座敷で正座するにせよ、椅子の上にせよ、これって凄く魅力的な状況だと思うんですよ。 

ジェスチャと同時に、言葉で「お尻!」と宣告するもよし、あえて何も言わずに目線や雰囲気だけで本人に悟らせるもよし。

このジェスチャ、 小さな子であれば、普段は「耳掃除するからいらっしゃい」という意味で使われているかもしれませんし、「抱っこの合図」として使われているかもしれません。

いつもはとっても優しい意味づけのされている所作が、時として、とっても怖くて痛いお仕置きの合図になってしまう。そんなギャップが、実に良いのではないかと思うのです。

「○○ちゃん」と名前を読ばれ、振り向いたらお母さんがお膝をポンポン。「抱っこかな」と思ってよく見たら、手にはしっかりヘアブラシが握られていたりして……。

あるいはお道具なんて持っていなくとも、表情や声のトーンからお仕置きを察して……。期待が一転、絶望へと変わる瞬間の落差、いかがでしょう?

かように、お膝ポンポンとは、とっても印象的で象徴的なシチュエーションだと思うのです。少し短いですが、思いついたので書いてみました。

『刑罰的なお仕置きと教育的なお仕置き』について語ってみる

みなさまこんばんは。久しぶりに語ってみたくなったしおごはんです。

今回のお題は「刑罰的なお仕置きと教育的なお仕置き」についてですね。これは全くの私見なのですが、なんとなくお仕置きというのは、この二つの性格に分けられるのではないか、と唐突に思いつきましたので、今回はこれについて語ってみようかと。

予め明記しておきますが、例によって、この記事は特殊な性癖を持つ筆者の妄想に基づいたフィクションの産物であり、実際の子供に対する躾には全く関係のない、趣味の文章です。

それでは、お約束がすんだところで、まずは刑罰的なお仕置きからいきましょう。

刑罰的なお仕置きは償いがメイン
どういうことかと言いますと、痛みを与えること自体がお仕置きの目的になるということですね。既にやってしまったことに対して、深い後悔を誘発するためのものですので、安全かつ適切に痛みや羞恥を与えてあげることが、なによりも重要になるわけです。少し酷な表現ですが、良い意味でのトラウマ作りと言えるものですね。

しっかりしたルールの設定と例外を作らない厳格さの元に運用され、軽からず重からず、ただし悪事を本気で後悔できるだけの痛みをきっちりと与えてあげる性格のもの…なんて、いざ書き出してみると、なんだか普通のお仕置き模様ですね。

こうした刑罰的なお仕置きが適切だと思うシーンは「絶対にしてはいけないこと」に対して科す場合だと思います。たとえば「火遊びをしてはいけない」とか「物を盗んではいけない」とか。別の言い方をすれば「取り返しの付かないこと」とも言えるかもしれません。

そして、それは自然現象でもうっかりミスでもなく「あえて行われる悪事」というのがポイントです。

こうしたもの対して、予め厳しい罰を設定しておくというのが、この刑罰的なお仕置きが活きる状況なのではないかと思います。最初に償いがメインと書いてしまいましたが、これを考慮すると抑止としても機能してますね。まあ、実際の痛みを味わわないと、なかなかリスクの怖さというのは解らないものなのですが……。

教育的なお仕置きは習慣付けの補強がメイン
先の刑罰と違い、痛みによって今後の行動を改めさせるのが目的のお仕置きを、この項では便宜的に教育的なお仕置きと読んでみます。刑罰的なお仕置きとの差は「痛み自体を目的とする」か、それとも「あくまでも行動を変えるための手段とするか」の違いですね。

うーん、いざ書き出してみると、ただの心持ちの違いで終わってしまいそうですが、とりあえずは例を挙げて語ってみましょうか。

たとえば、オネショをしてしまった場合、いくらお尻を叩いて痛い思いをさせても、それだけで治るわけはありませんよね。オネショを治したいならば、寝る前にトイレに行かせるとか、途中で一度起こしてトイレに連れて行くとか対策をとって、初めて改善に一歩近づけると思うわけです。

もうひとつ、忘れ物も同じことですね。これもただ痛い思いをさせるだけでは、なにも変わらないと思います。防ぐとしたら、次から忘れないようにしっかりとメモを取らせるとか、持ち物を確認するとか、こうした解決を図って初めて少なくなっていくはずです。

こういう具合に改善策を指導した後で、良い習慣付けを強化する時に使われるのが教育的なお仕置き、ということでいかがでしょう。

つまり、お布団を濡らしたことに対してお仕置きするのではなく、寝る前にトイレに行かなかったことに対してお仕置きする。忘れ物をしたことに対してではなく、メモを取らなかったり、確認作業を怠ったことに対してお仕置きする。赤点なんかでもそうですね。悪い点を取ったことではなく、きちんと復習しておかなかったことに対してお仕置きをする。

早い話が、結果ではなく過程に対してお仕置きをするというのが、教育的なお仕置きであると思うのですよね。

間違えると大変かも
この二つのお仕置きを使い分けるうえで大事なのは、やはり罪の性質の見極めです。オネショしたことに対して刑罰的なお仕置きを科しても、残念ながら痛いばかりで効果はないでしょうし。逆に万引きをした子に対しては、教育的なお仕置きなんて悠長なことを言っている場合ではないかもしれません。

まあ、そうは言いつつ創作の上では、自意識で回避不能なオネショに対して、あえて刑罰的な接し方をして、その理不尽さや不憫さに萌え転がるという楽しみかたもするのですけどね。(私はそういうのも大好きです)

というわけで、なんとなく普段書いているシチュエーションを大別してみると、同じお仕置きでも、こんなような心持ちの違いがあるんじゃないかなぁ、などと思ったしおごはんなのでした。(これだけ長々と書いた割りに、結局、心持ちで終わってしまいました…!!)

では、ごきげんよう。 また会う日まで、良きペンペンライフを。





Newest

Designed by Akira.
Copyright © 桃尻文庫 All Rights Reserved.