FC2ブログ

桃尻文庫

~スパンキングやお仕置きに関する創作ブログ~

年末!

 なんだかあっという間に年が暮れて、呆然としているしおごはんです。
 気がつけば十二月も終わり…ということは、ブログを開設してからすでに約半年!

 Media-Spanking様に投稿させていただいたモノのまとめから始まって、
 いつの間にか、スパンキングに対する恥ずかしい思いまで綴ってしまったという、
 おかしなブログになったわけですが、形にはなってきたのかな?

 万が一、家族に見られたら切腹ものの内容ではありますが、
 同じ趣味の方に少しでも面白がってもらったり、同調してもらったり、
 あるいは、ムラムラしてもらえたのであれば、ひとまずは成功です。

 コメントや拍手をくださった方がたも、本当にありがとうございました。
 創作物を人前に出して、それに対するレスポンスが得られるというのは、
 単純明快に楽しいものなのですね。
 来年も色々ジワジワと続けていきたいと思います。


 さて、とりあえず今後の予定ですが、まずは『おしながき』を作ることですかね。
 サイトマップ的に一覧できて、fmやシチュエーションが判ると便利なのかな?
 ごあいさつやリンクの頁も、そろそろ、整備しておきたいところです。
 書きかけのネタや、なんとなく時期を逃したものもあるのですが……と、
 こういうことを話したら限がないので、ここら辺で切り上げることにします。

 それでは、しおごはんの書いた駄文・怪文に目を通してくださった皆様に、
 今一度、感謝の念をゆんゆんと発しつつ、
 年末のご挨拶に代えさせていただきたいと思います。 よいお年を。

終業式の記憶(女性教師/男子女子)

 印鑑ケースを買い換えようと、百円ショップを物色していた時のこと。
 雑貨コーナーの一角で、なにやら懐かしいものを見つけてしまった。
 教科ごとに分かれたノート、簡単な計算ドリルや三角定規……。
 そんな学習用具に混じって置かれた、金・銀・銅の小さな丸いシールだ。

 そういえば小学生の頃、図工や習字など直接点数の付けられない題材で、
 ちょっとした褒章代わりに、よく使われていたっけ。

 実は私も、このシールには並々ならぬ縁がある。
 ただ、残念なことにそれは、こんな風に華々しい貴金属色ではなかった。
 強いて言うなら叩かれたお尻の色にそっくりな、赤い色だったのである。

クリスマスに向けて…(母子)

 夕暮れ時の街を歩く。
 いつの間にか木の葉も散って、肌を刺すような冷気に身を縮める季節になった。
 冬物のコートと、気の早いクリスマスの色彩が不思議な調和を見せる大通りを、
 学校帰りのランドセルたちが横切っていく。
 白い息を吐きながらじゃれあう姿は、今も昔も変わらないらしい。

リンクのお知らせ

 自作小説サイト『恥と屈辱の交差点』さんと、リンクさせていただくことになりました!
 同世代の女性に弱みを握られ、罰ゲームというにはあまりに過酷な羞恥行為を強いられるなど、
 かなり精神的にハードな陵辱、恥辱描写をメインに執筆されているようです。

リンクのお知らせ

とっきーさっきーさんが運営されている『羞恥の風』と、相互リンクさせていただきました!
その名の通り羞恥系を主にした魅力的な物語を、精力的に更新されている創作小説blogさんです。

スパモノレビュー 『図説 尻叩きの文化史』

図説 尻叩きの文化史図説 尻叩きの文化史
(2012/02/13)
ジャン・フェクサス

商品詳細を見る


 早いもので気がつけば、もう十二月。
 気温に比例して更新頻度も落ち気味の当ブログですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 さて、今回は日常でエンカウントしたというか、そのものズバリなこの一冊、
 原書房より発売のジャン・フェクサス著、大塚宏子訳『図説 尻叩きの文化史』
 のレビューをさせて頂きたいと思います。 いや、とにかくモノスゴイ本でした。

 一言で言えば、尻叩き率100%!

Newest

Designed by Akira.
Copyright © 桃尻文庫 All Rights Reserved.