FC2ブログ

桃尻文庫

ARCHIVE PAGE

archive: 2016年04月  1/1

はじめてのお尻ペンペン (母親/子供)

No image

「お尻!そこにお手々!」小さな二人のケンカをとめたのは、一人のお母さんのこんな言葉だった。児童公園の砂場。プラスチックのシャベルを取りあって、争いは起きたのだ。「やめなさい、どうして順番に使わないの?」もう一人のお母さんは、優しい声音で窘めていた。自分の子とよその子、強くは言えない。でも、子供たちはちっとも聞かなくて、黄色のシャベルは二人の間を行き来した。「やーめーろーよー」「はーなーせーよー」段...

  •  0
  •  0

リンクのお知らせ

No image

 アカトさんのサイト『BOTKatze』にリンクさせていただきます! お絵かき掲示板あり小説投稿板あり、/m好きにはたまらぬサイトさんです。 特に小説投稿板には美味しい作品がたくさんございまして、 中でもtakenokoさんの放課後スパンキング倶楽部は、スパ願望持ちの心を狙い撃ちですので、ぜひに。...

  •  0
  •  0

『お膝ポンポンの魅力』について語ってみる

No image

こんばんは、語ってみるの二連発でございます、しおごはんです。今日はお仕置きの準備にまつわる所作『お膝ポンポン』の魅力についてです。ここで言うお膝ポンポンとは、OTKのお仕置き時に、「お尻を出して膝に来なさい」と示すジェスチャのことですね。お座敷で正座するにせよ、椅子の上にせよ、これって凄く魅力的な状況だと思うんですよ。 ジェスチャと同時に、言葉で「お尻!」と宣告するもよし、あえて何も言わずに目線...

  •  2
  •  0

『刑罰的なお仕置きと教育的なお仕置き』について語ってみる

No image

みなさまこんばんは。久しぶりに語ってみたくなったしおごはんです。今回のお題は「刑罰的なお仕置きと教育的なお仕置き」についてですね。これは全くの私見なのですが、なんとなくお仕置きというのは、この二つの性格に分けられるのではないか、と唐突に思いつきましたので、今回はこれについて語ってみようかと。予め明記しておきますが、例によって、この記事は特殊な性癖を持つ筆者の妄想に基づいたフィクションの産物であり、...

  •  4
  •  0

不思議な体験談風『友達の曾祖母さん』

No image

子供の頃の話。小学生の頃、クラスの奴と喧嘩した。それほど仲は悪くなかったんだけど、いつものちょっかいの出しあいからマジな罵りあいになり、その日はお互いに引かなくて、最後はつかみあいにまでなった。俺のほうはたまたま嫌なことが続いてたってのもあるけど、なぜかあの時はヤケにイライラして、謝るとかやめるとかは全く思い浮かばなかった。学校の中だけの喧嘩では収まらず、帰る時もバカーとか、死ねーとか怒鳴りあいな...

  •  0
  •  0

特別なお仕置き (母/息子 厳しめ)

No image

※お尻叩きのほか、ビンタ、お線香当て、お浣腸などの描写があり、総じて厳しめですのでご注意ください。一、特別なお仕置き午前九時、着替えと朝食をすませた少年は、母親の言いつけ通り仏間へ入り、正座をしたまま目を閉じていた。見れば、透き通るように白い腿には鳥肌がたっている。まだ冬の肌寒さも残る季節、下半身に何も履いていないのだから無理もない。握られた小さな拳は、青白い腿の上で微かに震えていた。彼はこれから...

  •  11
  •  0