FC2ブログ

桃尻文庫

~スパンキングやお仕置きに関する創作ブログ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『実際にされたお仕置き(ゲンコツとビンタ)』について語ってみる

皆様、こんばんは。 季節柄ゆえか色々な事に不思議なくらい熱中できなくなり、めっきり更新頻度が下がってしまったしおごはんです。

さて、今日はいつもの妄想&妄想な内容から少し趣向を変えまして、私が小さい頃に実際にされていた、ゲンコツとビンタのお仕置きについて語ってみようと思います。


・幼い頃の憧れの対象は「お尻」だけだった
今でこそ「お仕置きに憧れている」とはいえ、あくまでもそれは「お尻叩き願望をベースにした妄想から派生した、現在の嗜好」だったりします。

実は幼い頃の私は、お尻ペンペンという行為のみが大好き、という状態。 その憧れを秘めたまま成長し、お尻叩きシーンを目当てに様々な小説や漫画を読み漁った結果として、徐々にお縛りやお浣腸など、他の分野が開拓されていった感覚なのです。

一緒に取り込んでいくうちに、次第にお尻ペンペンと他のお仕置きの共通項が見えはじめ、自分はお尻を叩く行為そのものだけでなく、そこにある繋がりやシチュエーションも含めて大好きだったのだと、あらためて捉えなおした結果、守備範囲がぐーんと広がったのですね。

そんなわけですので、多種多様なお仕置き嗜好に目覚める前に受けてしまったリアルなお仕置きは、残念ながらお尻叩きが全く含まれていない事もあって、あまり嬉しくないモノとして終わってしまっています。(いえ、普通は嬉しくないモノらしいですけども……)

それでは、実際に受けた時の話に入りましょう。


・ゲンコツ
記憶に残る限り一番古いお仕置き体験は、祖父母や叔父、母親からのゲンコツでした。 保育園の保母さんからも、頭ゴッチンするよ、などと脅された記憶が薄っすらとあります。

保母さんに叩かれた記憶はないので、おそらく実際にはされなかったのだと思いますが、脅し文句として出てくるくらいには、一般的だったのでしょうね。

さて、家族からのゲンコツは、いずれも、何回か注意をする→聞かない→ごっちん→大泣きというパターンで、じっくりとお説教をした後に罰として与えられる、というような様式めいた流れはありませんでした。

さすがに未就学児~小学生低学年の記憶は断片的なので、当時の様子を映像で事細かに思い返す事はできませんが、あまり長々とお説教をするような雰囲気の家庭ではなかったですし、このブログで書いているような手の込んだお仕置きよりは、突発的な体罰みたいな感じでしたね。

そんなわけで強く印象に残っているのは、いわゆるお仕置きの雰囲気よりも、脳天のキーンとした痛みです。 うちの家族はゲンコツが上手く(?)、中指をしっかりと尖らせて落としてきたので、それはもうかなり後を引く感じでした。 思い出せる限りでは、毎回、多かれ少なかれ泣いていたはずです。

というように、その時の痛さや怖さはよーく覚えているのですが、不思議なことに、なんで叩かれたかという心当たりは、あまり残っていないのですよね。 本当に数えられるほど、電車の中で騒いでしまった時に祖父からというのと、テーブルの上に乗った時に祖母から、くらい。

人によってゲンコツの痛みが違うことにも勘付いていたくらいですから、それなりに、ごっちんごっちんされていたはずなんですけども、はて、自分はなにをやってゲンコツを落とされていたのでしょう……?

こんな具合にゲンコツに関しては、特に嫌な記憶にもならず、「あー懐かしいなぁ、イヤだったけど」くらいの感じなんですよね。 まだ記憶が曖昧な小さい頃にされたお仕置きだったからかもしれませんが。

そこにいくと、次のビンタは少々毛色が違ってきます。


・ビンタ
これは小学校に上がった頃に母親からされるようになりました。 祖父母や叔父はしなかったというか、その頃にはもう手を上げなくなっていたのですが、それに反比例するようにして、母親からのビンタは増えました。

最初は小学二年生の朝。 しばらく、学校に行きたくないとぐずる日が続いたある日、母親が玄関先で声を低くして、こんな話をしました。

「お母さんの会社の人は、子供がグズった時に殴るんだって。 そうすると、その子は泣きながら学校に行くんだって」

冷たい声でこんな事を言われ、その意味を理解する前に、初めての痛みと音の激しさに、ただただ泣きわめいた記憶があります。 そして、同時に思い浮かぶのは、しがみついた玄関先の柱の感触と、うざったそうに見下ろす母親、もう庇ってやれないと言って、申し訳なさそうに横に立つ祖母の姿。

まあ、それから、なんの感慨もなくなるほどに、バシバシと叩かれる日々が始まったわけですけれども、思えば、自分がお仕置きシーンを書く時に音に関する描写が多いのは、この時の記憶が原因かもしれません。 痛みの表現や子供の無力さを強調したがるのも、多分、この体験からですね。

腫れて突っ張った頬の感触、涙の跡のヒリつき、寄る辺のない恐怖、子供心の孤独、築年数の古い木造住宅の空気の味と匂い。 こうして、よくよく考えると、お仕置き創作に引っ張ってこられる要素が、かなり多くある気がします。

しかし、今考えても、あれはベターとは言い難い行為なのではあるまいか、と思ったり。 母親の方も何かと忙しい職種でしたし、ストレスも溜まっていたのでしょうけれど、その後の学校での扱いを鑑みても「顔はやめな、ボディにしな」とか言いたくなるわけですよ。


・理想と現実のギャップは大きい
このように現実の我が家のお仕置きは、アフターに優しくされるとか、諭されて間違いに気づくとか、情の交流的なシーンは皆無。 残念ながら痛みを与える行為があるだけで、あまり楽しいモノとはいえなかったのでした。

冷静に考えれば、寒空のもと玄関先で激しく叩かれるというのは、お仕置きフェチ的には美味しいシチュエーションなのですけどね。 どういうわけだが、自分事だとさっぱり萌えないのが不思議だったりします。 この一撃がほっぺたじゃなくてお尻になるだけで、全然違うかもしれないのに。


試しに軽く妄想するならば――

台所と繋がった玄関のタタキに、うつ伏せにさせられる。 大人が腰を下ろして靴を履くのに丁度よい高さの段差は、まだ幼い体にとって、まるで誂えたようにぴったりとお仕置きの姿勢をキープさせる役割を果たした。

外に向かってむき出しにされたお尻に、冬の冷気が容赦なく吹きつける。 同時に冷えきった床板が胸から体温を奪い、寒さに身動ぎすれば、膝にはジャリっとしたコンクリートの感触が残った。

身を震わせながら待つお尻。 今日も振り下ろされる無慈悲な平手打ちは、あっという間に寒さなんて感じなくなるくらい、その表面を熱くした。

激しい痛みに反射的に仰け反ろうとして、しかし、背負ったままのランドセルの重さに抑えつけられ、元のように突っ伏す他にない。 逃げ出そうにも、両腿にはずり降ろされた下着が絡んでいて、足を振り上げて庇うことすらできなかった。

半ば息の詰まったような体勢のまま、平手打ちが何度も振り下ろされる。 漆喰の壁にバチンバチンと音が反響するのを聞きながら、涙に滲んだ視界の端で、それまで立ち尽くしていた祖母が申し訳なさげに顔を逸らすのが目に入った。

――みたいな。


まあ、実際にそれが「ネタ」になっていたら、色々と自己嫌悪して、お仕置きモノ自体を素直に楽しめなくなっていたかもしれないので、これで結果おーらいかもしれんのですが……。

というわけで、今日は珍しくリアルなお仕置きについて語ってみました。 今回に限っては、ただの妄想やフィクションでは無い(最後の例は除く)のですよ。

ヽ(´エ`)ノ…フフン

もしよろしければ、皆様のリアルお仕置き体験もコメント頂ければ嬉しいです。

Newest

Designed by Akira.
Copyright © 桃尻文庫 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。