FC2ブログ

桃尻文庫

~スパンキングやお仕置きに関する創作ブログ~

テーブルの思い出

我が家の居間には、一枚板のローテーブルがあった。天板のフチの部分は切り出したままのゴツゴツした姿で、腹ばいになると下っ腹や腿に食い込んで辛かったのを覚えている。なんで、テーブルの上に伏せる必要があったかって?

それはもちろん、お尻を叩かれるためだ。

その日も私と弟は、二人してテーブルに腹ばいになっていた。母に下着まで全部取られた姿で、膝小僧に畳の跡をつけながら、じっとお尻ペンペンの執行を待っていた。時計の秒針と、二人の身じろぎに合わせてテーブルの足の軋む音だけが聞こえる静けさ。少しだけ怖くて。でも、本音を言えば退屈だと思っていた時間。

その時のお仕置きの理由はなんだったろうか。こうして、お尻を叩かれる機会は数え切れないほどあったので、一つ一つのディテールなんてとっくに忘れてしまったけれど、まあ、おそらくは喧嘩だろう。構って欲しいさかりの弟と、一人の時間が欲しかった頃の私は、しょっちゅう小突きあいをしていたのだ。

しばらくお尻を空気にさらし、下半身の心許なさにも慣れはじめた頃。背後で襖の開く音がして、得物を手に持った母が怖い顔を作って入ってくるのだ。背中越しに振り返って見ると、その時の母はスリッパを持っていたっけ。怖がるフリをしてごめんなさいと言いながら、ああ、今日はそんなに痛くなさそうだな、なんて見積もっていたりしたのは、今だから言えることだ。

一方、まだ小さかった弟は本当に怖かったらしく、それを見るなりわんわん泣き始めるのが、毎度のお決まりだった。徐々に大人に近づきはじめていた私にとっては、お尻ペンペンなんてそんなに痛い罰ではなかったけれど、ランドセルさえ持て余すような小柄な弟には、相当、厳しい罰に感じられていたらしい。芝居がかったお小言の後、パンパンと軽く叩かれただけで、弟は火の付いたように泣きわめいていたっけ。

そんな様子をどこか覚めた気分で観察しつつ、私はといえば、さも効いています、という演技をするのに腐心していた。もし、お説教もお尻ペンペンも効果が薄いとバレてしまったら、小遣い抜きや遊びに行くのを禁じられるという、より面倒臭い罰になってしまうかもしれなかったからだ。

何か言われるたびに、神妙な態度でごめんなさいと呟いてみたり、お尻を叩かれるたびに声を上げ、大げさにお尻を振って足をジタバタさせてみたり。実際に全く痛くないわけではないし、後で見たら赤くなっていたくらいには叩かれたけれど、さすがにもう、それで涙が溢れるようなことはなかったのだ。

お仕置きの理由によって加減は違ったが、大体、それぞれ三十発前後だったと思う。途中でお説教を交えながら五分か十分程度。二人のお尻を交互に打って、全体が赤くなってきたらおしまい、という感じ。

こうしたお尻叩きの後は、少しの間そのまま伏せていなければならない、反省の時間もあった。これも、ほんの十分か二十分足らずの間。やはり弟は、お説教の名残りと後を引くお尻の痛みに、いつまでもグズグズと鼻を鳴らしていたが、私はと言えば、ヒリつくお尻に不快感を感じながらも、初めと同様に、面倒臭いなぁ、とか思って過ごしていた。

その後、二人して改めて反省の旨を母に告げ、ようやく下着を返してもらえた時は、やっと終わった……という、一仕事終えたような独特の疲労感があったのを覚えている。ひょっとしたらそれが、効果があった、ということなのかもしれない。ともかく、私は実家のテーブルを見るたびに、今でもその時のことを思い出してしまうのだった。



※…お久しぶりです。あんまり更新しないのもなんなので、軽めのものを一つ…ヽ(´エ`)ノ
関連記事

Newest

Comment

spalike #-

コメントははじめてですが、ずっと前から読ませていただいてました。相変わらず情景がはっきり浮かぶようで素晴らしいです。私も自分でpixivにいくつか書いてみましたが、なかなかジャンル的に個々の作品の差別化が難しいですよね。

ネタの用意は大変だとは思いますが、今後の更新にも期待しております

2017/02/17 (Fri) 23:14 | URL | 編集 | 返信 | 

しおごはん #Nzav08XU

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!嬉しいです!!
そうなのですよね。お尻叩きがメインだけに、同じようになってしまって…。
キャラクターやスパ以外のストーリーも描ければ良いのでしょうけど、なかなか難しいです。


ありがとうございます!細々と更新していけたらと思いますヽ(*´ェ`*)ノ

2017/02/18 (Sat) 20:23 | URL | 編集 | 返信 | 

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 桃尻文庫 All Rights Reserved.