上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水曜日の午後四時のこと。暮れ始めたオレンジの日が差し込むリビングには、スカートを剥ぎ取られ床に四つん這いになった妹と、その脇に正座して50センチの竹の物差しを振るう母の姿があった。

母が手首を返すたび、物差しが弧を描いて妹の尻に平行に当たり、バチン、バチンと軽い音を立てながら、薄い下着に透けた肌を少しずつ赤く染めていった。

「なんで行かなかったの!」

反抗期の妹がバレエの習い事をサボった、そのお仕置きだ。最近は行きなさいと家を叩き出されても、時間を潰して戻ってくるのがパターンだった。

教室まで手を引いていって中に押し込んでしまえば、借りてきた猫のように大人しくなるらしいが、さすがに毎度毎度、"力尽く"で送っていくのも近所の目が気になるらしかった。

「どれだけお金が掛かってるか、わかってるの?」

そう言ったところで、小銭すら稼いだことのない妹にはわかりっこないだろうに、母は毎回このセリフをお説教に含めたがる。

「あなたのためでしょ!」

そして、この言葉もだ。僕は妹がバレエをやりたいなんて言ったのを聞いたことがないし、楽しいと言ったのも聞いたことがない。

「女の子なんだから、バレエの一つくらい踊れないと!」

踊れない女なんて世の中にいくらでもいることは、まだ学生の僕や妹でも知っていた。もちろん、女の子なんだからと言う言葉を、軽々しく大人の世界で言ったら問題になることも。そして、こう言う母の運動神経が壊滅的なこともだ。

「お兄ちゃんに笑われるわよ!」

物差しが翻り、また少し妹の尻の色を濃くする。どうやらこのセリフを使いたいがために、僕は毎週水曜日に妹のお仕置きを見せられている。

いや、これは僕に対する見せしめの意味もあるのだろうか。

とにかく、昔からうちのお仕置きは兄妹の前でやるという決まりになっていて、僕は妹が叩かれている間は、母の後ろで正座しながら静観していなければいけなかった。

「黙ってないで、なんとか言いなさい!」

言えと言われても、なにを言えばよいのだろう。やりたくないと言えば、最初からやり直し。ごめんなさいと言えば、わかってるならなんで行かないの、と、やはりやり直しだ。結局は、母の気の済むまで物差しとお叱りを受けるほか無いのは、僕も妹もとっくに解っていた。

「私の気持ちも知らないで!」

そう言う母親こそ、良い家の子が通う習い事に憧れた子供の頃の自分の気持ちと、目の前の娘の気持ちが違うことを知らないんじゃないだろうか。

「返事くらいしなさい!」

バチン、バチンと連続して音が響いた。下着越しでも真っ赤に腫れているのがわかるほどになっても、今日の妹は歯を食いしばって、まるで嵐が過ぎ去るのを待つかのようにじっと堪えている。

(こいつは、なんでこんな目にあってるんだろう)

不意に外の通りをトラックが通り過ぎ、窓越しに眩しかった夕日が一瞬陰った。ある種の幻想的な部屋の中、それでも目の前の現実はお仕置きの図。ヒステリックな母の声と尻叩きの音が旧式のエアコンのノイズと混じり合って、あらめて意識すれば、なかなかウンザリな夕暮れ時だった。

こうしている間、僕は母に気取られない程度に視線を外している。そしてそれは、僕が叩かれている時の妹も同じだった。どうしても視界の端には入ってしまうし、時々は見てしまうこともあるのだけれど、尻を叩かれているところなんて、見ても見られても、お互いに気持ちのいいもんじゃないからだ。

「わかったの!?」

この言葉とともに、手首を返すだけだった母の叩き方が、腕を大きく振り上げたものに変わった。物差しが勢い良く妹の尻に当たると、先程までとは明らかに違う激しい音がして、俯いたまま耐えていた妹の体が跳ねるように仰け反った。

そんなキツイのを間髪入れずに数発。

『ごめんなさいぃ!!』

ついに我慢も限界に達し、妹は嗚咽をあげて泣きはじめる。それでも母はまだ小言を言いながら、しばらくの間、ペチペチと腫れた尻に物差しを入れ続けた。

さっきのより弱い叩き方とはいえ、母のお仕置きはここからが地獄なのだ。いつも泣きじゃくりながら、はい、とか、わかりました、とか絶叫し、頭がぼーっとする頃になって、ようやく許してもらえるのだから……。

「いいわね、お父さんが帰ってくるまで、そこに立ってなさい!」

窓際、ちょうど束ねたカーテンの前に下着のまま立たされた妹。その尻は、やはり下着の上からでもパッと見てわかるほどに、真っ赤に腫れていた。

「見んなよ……」

お仕置きを終え、洗濯物を取り込みに行った母に聞こえないように、妹は小さな声で言った。涙交じりの鼻声に、見てねーよ、となるべく素っ気なく聞こえるように返して、僕はソファにもたれ目を閉じた。



※…お久しぶりの更新です。たまには?ほんのり理不尽系。お仕置きに疑問を覚える頃、どこか特別だと思っていた親も、ただの人だと気付き始める頃。

関連記事

Tag:家庭 F/f 小説 お道具

コメント - 2

トモヤ  2017, 09. 23 (Sat) 21:23

理不尽と言えば

どうも暫らくぶりです。

主人公君の妹さんがスカートを剥ぎ取られて四つん這いになった格好で、母親から竹製の定規で思いっきりお尻を叩かれまくるシチュエーションも読んでいてドキドキですね。
おまけに、妹さんがお仕置きされた理由が理不尽過ぎる事も印象的ですし、お仕置き後、下着の上からでもパッと見て分かるほど、お尻が真っ赤に腫れていた事もリアリティがある上に妙に官能的ですね。

理不尽過ぎる理由で容赦ないお尻叩きと言えば、今と違って教師の権限が絶対的だった昔の学校(※主に80年代の中学校や私立高校)では少なからずあった訳ですが、その1つとして、以前に読んだ「とある大人向け雑誌」の投稿コーナーに、とても印象深い体験談が掲載されていました。

その体験談を投稿されたのは、管理教育全盛期世代とも言うべき“昭和40年代生まれ”の女性で、投稿者女性が通っていた当時の中学校(公立)の女子バレー部は、県内でも上位の強豪でしたけど、練習の厳しさや練習時間の長さが半端ではなかった上に、顧問の女性教師(当時50代前半ぐらい)も絵に描いたような鬼コーチで、その顧問の中年女性教師は、身長は約150センチの小柄な体形でしたが、顔がゴリラみたいな感じで妙な威圧感もあったので、女子部員たちは顧問の中年女性教師の事を「チビゴリラ」と陰口を叩いていたそうです。
おまけに、チビゴリラの異名を持つ顧問の中年女性教師は部活動で毎日、「ミスをした」とか「声が小さい」とか「動作が遅い」等と何かと理由を付けては、女子部員たちのお尻をブルマの上からバシバシと叩きまくっていて、女子部員たちのお尻を叩かなかった日は無かったと言うのです。
そして投稿者女性曰く、顧問の中年女性教師のお尻叩きは、基本的に平手でしたけど、約150センチの低身長と言う体に似合わず、とても重い1打だった為、顧問の小柄な中年女性教師からのお尻平手打ちを1発受けただけでも、ブルマと下着がお尻をガードしていたにも関わらず、叩かれた瞬間、お尻に物凄い痛さと衝撃が走って、叩かれた後も暫らくお尻の激痛が続いていた程だったとの事でした。
それに女子中学生時代の投稿者女性ご自身も、1日の部活動で、顧問の中年女性教師から強烈なお尻平手打ちを受けた回数は1回や2回なんかではなかった為、部活が終わった後、お尻が真っ赤に腫れ上がっていたのは当たり前で、1日の部活動でお尻を叩かれた回数が多過ぎたせいで、激しい内出血によって、パンパンに腫れ上がったお尻が青黒く変色していた事も少なからずあったと言うので、投稿者女性も含めた元女子バレー部の方々には悪いと思いつつ、読んでいてドキドキさせられてしまったと同時に、まことに不謹慎ながらも、女子バレー部所属の女子中学生たちのブルマ尻を平手で思いっきり叩き放題だった顧問の中年女性教師が羨ましく思えてしまいました。

更には、もしも仮に、僕が中3の時のクラスメイトだった真由美さんと、高3の時のクラスメイトだった由香里さんのお二方が昭和40年代に生まれて、尚且つ、その中学校の女子バレー部に入っていたら、(彼女たちの女子中学生離れしたエロ過ぎるブルマ尻によって)真由美さんも由香里さんも入部初日で顧問の中年女性教師に目を付けられて、二人とも1日の部活動で、顧問の中年女性教師に平手でブルマの上からお尻を思いっきりバシバシと叩かれまくった事により、部活が終わった後は毎回、彼女たちの豊満かつ清らかなお尻がパンパンに腫れ上がってしまったのは確実だったと言う妄想をしてしまいました。

当時、その中学校の女子バレー部で常態化していた顧問の小柄な中年女性教師によるお尻叩きも、女子部員たちにとっては理不尽過ぎでしたが、
投稿者女性の話によりますと、投稿者女性が中学2年生だった時、投稿者女性が通っていた中学校の体育館で行われた練習試合で大敗して、顧問の中年女性教師を激怒させてしまい、試合が終わって相手校の人たちが帰ると、女子部員全員が横一列に並ばされてお尻を突き出す体勢にさせられて、端から順番に1人ずつ、顧問の中年女性教師に平手で思いっきりお尻を叩かれて、その後、真夏の炎天下にも関わらず、女子部員全員グラウンド100周走る事を命じられ、その途中で倒れ込んだ女子部員も少なからずいて、中2女子時代の投稿者女性もその1人でしたが、その都度その都度、顧問の中年女性教師に髪をつかまれながら引っ張り上げられて無理やり立たされて、その直後に「早く走れ!」と平手で思いっきりお尻を叩かれて再び走らされ、女子部員全員がグラウンド100周を走り終えると、女子部員全員、炎天下のグラウンドで何時間も正座させられ、その後、再び女子部員全員が横一列に並ばされてお尻を突き出す体勢にさせられて、先程と同様に端から順番に1人ずつ、顧問の中年女性教師に平手で思いっきりお尻を叩かれて、ようやく帰宅が許可されたと言う話でしたので、その顧問の中年女性教師の行為は、(日頃の部活動で行われたお尻平手打ち体罰も含めて)どう見ても愛の鞭なんかではないのは明白で、その中学校の女子バレー部で熱中症による死者が出なかった事が、彼女たちにとっては不幸中の幸いだったと言わざるを得ないです。
おまけに、投稿者女性が中学時代の後輩から聞いた話では、投稿者女性が中学校を卒業して数年後、小柄な中年女性教師の体罰に耐え切れなくなった女子バレー部員たちが校長に訴えたのですが、女子バレー部顧問の中年女性教師の数々の実績を理由に、女子部員たちの訴えは聞き入れられなかったそうですので、女子バレー部の顧問の小柄な中年女性教師だけでなく、校長にも問題があったのは火を見るよりも明らかです。

また、近年の中学校や高校の部活動でも、顧問の誤った指導が原因で部員が命を落としたケースが幾つもあって、それらの事件ではいずれも、加害者の顧問教師には刑事罰が与えられなかった訳ですが、以前に読んだ某地方新聞の記事によれば、今の日本の法律にある「公務員の過失は刑事罰の対象外」が学校側に都合よく拡大解釈されている事が最大の原因との事でしたので、そのような法律は根本から見直すべきですし、昭和世代の芸能人たちも昔の学校を美化するのは止めるべきだと思う次第です。

編集 | 返信 |  

しおごはん  2017, 09. 24 (Sun) 18:02

Re: 理不尽と言えば

おひさしぶりです。

相変わらず、昔の部活は狂った体罰ネタに事欠きませんね。例えば、礼儀に厳しいというようなまっとうな体育会系のノリならまだしも、この場合はもうまさに、あだ名のイメージ通りゴリラというか。

って言ったら、本当は知的で平和的らしい、野生のゴリラさんに申し訳ないかもですね。

個人的には業は還っていくと思うので、今に残る理不尽の残滓もm早めに捨てたほうが良いと思うのですよね。

いえ、業と言ってもオカルティックなものではなく、その人たちが他人に向けて放ってきた態度が、関わった人の記憶に強い感情のパラメータを秘めて潜伏し、ポジティブであれネガティブであれ、発散の時を待っているという形で、ですけれども。

そして、残念ながら属性というものは十把一絡げに扱われることが多い世間。さて、彼らの晩節はどんなものになるやら…やや、心配であるのですヽ(´エ`)ノ

編集 | 返信 |  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。