二組の廊下 - 桃尻文庫

二組の廊下

教室を出ると、お馴染みの光景があった。隣のクラスの壁際に赤く染まったお尻が三つ。全員、下着は足首まで下げられていて、両手は膝できっちり揃えられている。二組の名物、お尻ペンペンのお仕置きだ。そういえば、授業の間にパチンパチンと音が聞こえていたっけ。

二組はちょうど手洗い場の前だから、休み時間は他のクラスの生徒たちも集まってごった返す。そんな中で男も女も関係なくこの反省のポーズを取らされるのは、さぞかし恥ずかしいことだろう。

「今までの先生の中で、断トツ厳しいよ」

前に二組にいる幼馴染から聞いた話では、鉄は熱いうちに打てという方針なんだそうだ。宿題や係の仕事をサボっても、喧嘩や忘れ物をしても、とにかくお尻ペンペンで泣かされる。進級するほど取り返しがつかなくなるからと、特に授業態度にはうるさいらしい。

「ま、上手くやるしかないよねぇ」

そう言って苦笑いしていた幼馴染も今月に入って、すでに何度かお尻を晒す羽目になっていた。まあ、同情しつつも余所者の私たちからすれば、目を逸らしてトイレを使うほかないのだが……。

それから少し前になるけど、こうしてお尻を出して並んでいる子たちを見て――

「カンチョー!」

――なんて、例のおふざけをやらかした子もいた。

たしか四組の子だったと思う。案の定というか、そりゃそうだろうというか、その場で二組の先生からビシバシとお尻を叩かれ、同じように横に並ぶ結果になっていた。ほんとに突っ込んだわけじゃないとか、あわてて言い訳をしていたけど、態度自体が問題なのだから通るわけもない。

「お尻出しなさい!」

先生の一喝が廊下に響いたあの日。初めて生でお尻ペンペンを見て、私を含めて水場を利用していた子たちが、ほぼ全員固まってしまったのを覚えている。なんせ背の高い先生が、手形が残るくらい振りかぶって叩き始めたのだから。粗相した子がワンワン泣いても弱めることなく、きっちり十発叩かれたお尻は風呂上がりみたいに真っ赤になっていた。

「しばらくここで反省していなさい」

そう言って同じように立たせる先生。涙を拭いつつ膝に手をついた子に、返事をしなさいとさらに追い打ち。不意の十一発目にしゃくりあげながらハイ!と叫んだあの子の、鼻水を垂らした顔が強く印象に残っている。

「きみ、水がもったいないよ」

その時、突然のお仕置きに唖然として水を出しっぱなしにしていた私も注意され、同じようにかん高くハイ!と叫んで、あわてて蛇口を閉めたっけ。まだちょっと、手に泡が残ってたのにね。
関連記事

コメント

最高

この作品大好きです。
第三者視点での書き方は創造力で興奮しますね。
パンツを下ろしたまま他のクラスの子の見えるところでお尻を晒し続けるのはさぞ屈辱的でしょう。
この中で一番厳しくお仕置きされたのは「カンチョー」とふざけた子ではないでしょうか。笑

しおごはんさんの学校モノは先生が厳しく容赦のないところが大好きで前作は有料分も購入したのでまた期待しております。

Re: 最高

ありがとうございます!
学校が舞台ですと、他の生徒達の目があることが特に美味しいポイントかなと思っております。

> この中で一番厳しくお仕置きされたのは「カンチョー」とふざけた子ではないでしょうか。笑
そうだと思います(笑)真面目な時間に茶化すことを、極端に咎める先生も多かったですしね。きっと反省のための時間を邪魔した子は、人一倍強めのペンペンをもらったことでしょう。

とても嬉しいです!これからも適度に可哀想なお仕置き創作を続けていきたいと思います!

昭和顔負け

どうもご無沙汰です。
これまた実に素晴らしい学校モノですね。

学校でのお尻叩きと言えば、かつて、管理教育全盛期時代と言われた1980年代および、高度経済成長期時代の1960年代~1970年代頃の1部の学校(※主に中学校や私立高校)では、
校則違反等の理由で、指導室や相談室と言った第3者のいない室内で、教師が生徒のパンツを下ろしての強烈なお尻ペンペンの体罰が行われていて、それも、女性教師が同性である女子生徒のパンツを下ろさせてのスパンキング体罰でしたら、まだマシな方で、中には、女性教師が異性である男子生徒にパンツも下ろさせてのスパンキング体罰を行ったり、男性教師が異性である女子生徒にパンツも下ろさせてのスパンキング体罰を行っていたケースもあったそうで、ブルマと共に管理教育もギリギリで健在だった世代の僕にとっても驚きの話ですが、
それに対して、今作の場合は、第三者たちが見ている前でも、背の高い先生による容赦ないお尻ペンペンが堂々と行われる上に、お仕置き後は、真っ赤に変色したお尻を晒したまま、他のクラスの生徒たちも通る廊下で反省のポーズを取らされる訳ですので、まさに、60年代~80年代の学校顔負けと言えますし、カンチョーと悪ふざけした為に、2組の先生からお仕置きを受けて晒し者の仲間入りをした4組の生徒も良い味が出ていますね。

また、廊下で晒し者で思い出しましたけど、以前に読んだ“某大人向け雑誌”の投稿コーナーに掲載されていた話の1つは、とても印象的でした。
その話を投稿された女性(※仮に「A子さん」とします)が通っていた高校(私立・共学)は校則が非常に厳しくて、女子生徒にも容赦なくビンタ等の体罰を行う怖い先生が何人もいたのですが、
A子さんが高校3年生になって間もない頃、女子高生時代のA子さんと友人4人の計5名で、下校中に買い食いをしたら、翌朝、校内で最も厳しいと評判の学年主任の男性教師(当時50代、数学担当)に「昼休みに職員室まで来い!」と呼び出されたと言うのです。
そして、昼休みになり、A子さんたち5名が職員室に行くと、学年主任の男性教師に「5人とも、廊下に出て、両手を壁につけて尻を突き出せ!」と命じられ、当然ながら、職員室前の廊下は他の先生方や生徒達の目もあって凄く恥ずかしかったけど、従わなければ余計に罰が重くなるだけだった為、A子さんたち5名が職員室前の廊下の壁に両手をつけて前屈みになった後、端から順に1人ずつ、学年主任の男性教師から“1m定規”でお尻叩きだったのですが、
A子さん曰く、学年主任の男性教師によるお尻叩き体罰は制服スカートの上からでしたが、その1m定規は見た目以上に硬くて重かった上に、学年主任の男性教師は180cmを超える長身で筋肉質な体格だった事に加えて、女子生徒だろうが手加減一切なしだった為、パンツと制服スカートがお尻をガードしていたにも関わらず、1m定規で1発叩かれただけでも物凄い痛さだったのに、この時は、1人につき10発ずつのお尻叩きで、それも、1発目から10発目までフルスイングだったそうです。
その為、この時のA子さんご自身も、お仕置き前までは、職員室前の廊下で壁に両手をつけてお尻を大きく突き出す格好にさせられて凄く恥ずかしかったのですが、1発目を喰らった瞬間、お尻に途方もない激痛が走った事で、恥ずかしい気持ちで一瞬で消し飛び、2発目から10発目を受けている間は、頭の中は痛さと辛さと恐怖心でいっぱいで、お仕置き後、A子さんも含めて5名とも泣いてしまいましたが、それでも学年主任の男性教師は容赦する事無く、A子さんたち5名は昼休みが終わるまで、職員室前の廊下で正座させられて晒し者にされ、おまけに、放課後になってもお尻の痛みが治まらず、後でA子さんが自分のお尻を見てみると、激しい内出血によって、お尻全体が赤黒く変色していて、暫くの間、マトモに座れない日々が続いたと言う話しです。

また、てっきりA子さんの話は昭和の頃の出来事だと思ったのですが、よく読むと、90年代前半の時の話で、その時期で高校3年生と言う事は、僕と同世代であるのは明白ですので、
もしも仮に、僕とは中学3年の時のクラスメイトだった真由美さんと高校3年の時のクラスメイトだった由香里さんのお二方が、A子さんと同じ高校に進学していたら、女子高生時代の真由美さんと由香里さんも学年主任の男性教師による1m定規での超強烈なお尻叩き体罰を何度も受けていたのは必至だったと言えそうです。
以前にも話しましたように、事実、真由美さんと由香里さんのお二方は女子学生時代に、忘れ物等の理由で、中年の男性教師による木の棒で超強烈なケツバッターや、中年の女性教師から強烈なお尻平手打ち等の体罰を幾度も受けていて、女子学生時代の真由美さんも時折、遅刻や忘れ物をする事がありましたが、女子学生時代の由香里さんに至っては、遅刻や忘れ物が非常に多かった上に、体罰を行う先生の授業でも遅刻や忘れ物をする事も少なくなく、その都度、由香里さんのお尻に超強烈なケツバッター等の体罰でしたので、尚更そう思わざるを得ないです。

Re: 昭和顔負け

おひさしぶりです。そして、ありがとうございます。

今回もすごいお話ですね。学校外の買い食いでそこまで厳しい罰、しかも正座まで加わるとは。
内出血するという一メートル定規の威力に驚くばかりですが、そういえば授業の時に使っていたのは、
家庭用のヤワな物差しと違って、厚みのある立派なものでしたね。
もはや薄手のパドルみたいな感じだったのでしょうか、いや、尺があるだけそれ以上かも、と興味はつきません。
九十年代というのもすごいですね。高校とはいえ、そんなに最近(?)まで厳しい体罰が行われていたなんて!
興味深いお話、ありがとうございました。
非公開コメント